未分類

自分を大切にするとは?

自分を大切にするとか、自分の気持ちに正直にと言うけど、どうしたらいいの?

直感を信じ、行動してみる。

3日くらい前から、無性にラーメンが食べたい。

インスタントじゃなくて、ラーメン屋のラーメンがたべたい。

そんな直感が降りてきました。

すぐには行動できませんでしたが、今日もやっぱり食べたい。

今日こそラーメンを食べに行こうと思ったのが朝の9時。

今行きたい、今すぐ行きたいと思って車に乗り込み、ドライブすること1時間半。

ん〜だいたいオープンするのが11時としても2時間もどうしよう、やっぱりやめようかな、贅沢かな、えぇー贅沢って言われるかな、とそんな雑念が入り込んできて、罪悪感に囚われる。

私この罪悪感に囚われることが多い。そんなことにも気がついた。

こうして今まで、他人の目ばかりを気にして本当にしたいことをしてこなかったんだな。

そんなこんなで10時半オープンのラーメン屋さんにたまたま遭遇し、入りました。

注文したのは、豚骨ラーメンと炒飯。

希望していた豚骨スープにトッピングは、キクラゲと柔らかいチャーシュー、ネギとこれまた思ってた通りのシンプルな豚骨ラーメン。

まずスープを1口飲んだ時に「あぁ〜これを求めてた!」という今までに感じたことのない満足感を得ることができました。

自分を大切にし、癒すこと。

初めて味わった満足感は、自分の直感を信じて行動した結果味わうことができました。

もし、車の中で、やっぱり私だけ食べるの申し訳ないとか、ほかの人になんで思われるかなと思って、直感を信じないで、行動しなかったら、こんな満足感を味わうことはなかったでしょう。

こんな小さなことでも自分を信じて行動することによって、大きな喜びや満足につながることは体験し、これからは自分を大切に、癒すことを努力しようと思いました。

今までは、自分が頑張って、努力して、自分のしたいことも我慢して、一生懸命人のために動いてって疑いもなく、そうやって頑張ってきた。

もちろんその時はそれが必要だったのかもしれないけど、それではうまくいかなくなって、結局自分を見失っていたのかもしれない。

でもそうやって一生懸命動いていた時期があったからこそ、自分を大切にすることの大切さや、自分の気持ちに正直に生きることができるってことを知れた。

今まで握りしめていた、自分が頑張らなくっちゃ、頑張るべき、こうしなきゃ、そして罪悪感。

少しずつ手放していこう

手放していいと認めよう

そう思ったラーメンでした。

今、私が心地いいことは、外に出て、周りの田んぼを見ながら、風を感じること。寝ること。YouTubeを見ること。

今まで頑張って走り続けてきた人や今も頑張っている人には、人の目を気にせず、自分が心地いいことをするなんてできないかも知れませんが、私は今までのやりかたではうまくいかないことを、色々大変になってから気づき、人に何を思われようと、1日のうちに自分が心地いいと思うことをするように心がけています。

たまに気持ちが乱れることもあるけど、それに囚われず、心地いいことをやっていく。

そうやっていると、気持ちが落ち着いてきます。

まとめ

自分と大切に、自分の気持ちに正直になるとは、自分の直感を信じて、その行動を

自分自身のためにしてあげる事

だと感じました。

ラーメンじゃなくても、ポテチでもアイスでもいい。

美味しい、美味しいって食べましょう。

-未分類

Copyright© たけこの部屋 , 2020 All Rights Reserved.