芸能

鬼滅の刃の制作会社が脱税するのはなぜ?売り上げ計上が複雑化が原因?




鬼滅の刃の制作会社が脱税!

法人税と消費税計約1億3900万円を脱税したとして、東京国税局査察部が法人税法違反などの疑いで、アニメ制作会社「ユーフォーテーブル」(東京)と近藤光社長(50)を東京地検に告発したことが3日、関係者への取材で分かった。
同社は人気漫画「鬼滅の刃」のアニメ制作を手掛けている。

鬼滅の刃を制作している「ユーフォーテーブル」が脱税して告発されたようです。

ここで注意なのが、鬼滅の刃の原作者が脱税したのではなく、制作をしている会社が脱税したということです。

また「ユーフォーテーブル」の脱税は鬼滅の刃が始まる前からニュースになっていたようです。

2020年6月現在は全額納付しているそうです。




鬼滅の刃の制作会社が脱税するのはなぜ?

アニメ業界が貧乏なのは経営層の会計に不透明なのが多い。と聞くこともある

これは社長が、コラボカフェなどの売り上げを改竄して、自宅に3億隠し持っていたという話

アニメ会社も厳しいのでしょうが、脱税は許されるものではありませんね。。。




鬼滅の刃の制作会社売り上げが複雑化か?

鬼滅の刃の制作会社が脱税した裏には、運営するカフェやイベントの売り上げの計上が複雑化したからではないかという噂もあります。

ニュースによると、

東京と大阪で運営するカフェなど4店で、帳簿を改ざんして売り上げから3~5割を除外し申告せず、計約4億4600万円を隠した疑いがある。

としています。

東京、大阪、名古屋、徳島、北九州の5店舗を展開していますが、東京、大阪を含む4店舗のカフェの売り上げときちんと申告していなかったようです。

このカフェでは、「鬼滅の刃」とのコラボグッズなどが販売されており、ファンの間では人気のカフェだったのではないでしょうか?

そんな売り上げがきちんと申告されていないとなると、ファンも悲しいですよね。

あくまでも、原作者ではなく、会社側が悪いのですけど、、、




鬼滅の刃制作会社脱税ネットの声は?

 

-芸能

Copyright© たけこの部屋 , 2020 All Rights Reserved.