政治

【森友事件】自殺した赤木の遺書の内容全文!改ざん強いられた内容がやばい!

「すべて佐川局長の指示です」

森友学園をめぐる財務省の公文書改ざん事件に関連し、2018年3月7日に自ら命を絶った財務省近畿財務局管財部の上席国有財産管理官・赤木俊夫さん(享年54)が、死の直前、決裁文書の改ざんの経緯を詳細に記した「手記」を遺していたことがわかりました。

その手記が全文公開されたとして衝撃的なニュースになっています。

今回は自殺した財務省の赤木さんがどんな風に改ざんを強いられたのかについて調べてみたいと思います。


【森友事件】改ざん強いられた内容がやばい!

森友事件で自殺した赤木さん。自殺2日前の手記です。

 

亡くなった当時の役職は上席国有財産管理官で、森友学園との間で国有地売却の交渉にあたっていたそうです。この問題をめぐり、本省から指示を受ける窓口にもなっていたという赤木さん。

赤木さんは、安倍首相夫人の名前を記録した決裁文書の書き手もしくは記載に関わった職員で、官邸の意向を怖れる佐川宣寿理財局長の怒りを買い、改ざんを押し付けられたのにちがいないと元同僚職員は話しています。

 

赤木さんは「改ざんとかの仕事をやらされ、100時間を超えるような残業時間になり、ずっと追い詰められていた」そうです。

現場は改ざんにかなり抵抗していたにも関わらず、改ざんの仕事に100時間以上も残業として関わらせる程、強要、指示、ここまできたら脅迫めいていたということも考えられます。

この手記は読むのも少し難しい程、字に力がはいっていないようにも見えます。

真実を知って、関わったことへの後悔や恐ろしさ、無念な気持ち、自ら命を断つことへの恐怖など色々な思いが読み取れます。

 




 

【森友事件】改ざん強いられた内容がやばい!世間の声は?

やっぱり、許せないという声が多く聞かれています。

赤木さんは間接的にこ○されたも同然です。

許せませんね。

 

-政治

Copyright© たけこの部屋 , 2020 All Rights Reserved.