芸能

仲川遥香の生い立ちがすごかった!施設で育った理由や場所を調査!


仲川遥香さんは元AKB48で、現在インドネシアに移住し、インドネシアの国民的アイドルとしての地位を築いています。テレビ番組にはひっぱりだこで、出演したテレビCMは20本超とCM女王でもある仲川遥香さんが、3月6日放送の爆報フライデーに出演し、これまで隠してきた衝撃の生い立ちをカミングアウトすると言います。



仲川遥香の生い立ちは?

仲川遥香(愛称はるごん)さんの出身は東京都で、仲川遥香さんが3歳頃に両親が離婚しています。

父親に引き取られたそうで、母親の顔は覚えていないそうです。

はるごんは1992年2月10日生まれで、現在28歳、3歳当時の25年前はすでに母親が子供の親権を持つケースが多かった時代ですが、はるごんは父親に引き取られたそうです。

3歳といえば、一番お母さんが必要な時期に離れ離れになり、相当寂しかったことが想像できますね。

実際に仲川遥香さんもやはり小学生や中学生時代は「正直辛かったし寂しかった」と明かしています。

仲川遥香さんの父親は仕事であまり家に居なかったので「おばあちゃんが母と父の代わり」だったそうです。

仲川遥香さんは「おばあちゃんがいなかったら今、私はここに立っていないと思う。私にとっておばあちゃんはいなくてはならない存在」と語っているほど、おばあちゃんっ子です。

小学3年生からは、遠足などの行事は自分でお弁当を作ったそうで、仕事を頑張る父親と孫である自分を育ててくれるおばあちゃんの姿に自然とそうなったのかもしれませんね。

それにしても幼少期から大変苦労して育ってきたことが分かります。

ほんと頭が下がりますね。このような生い立ちが、仲川遥香さんの苦労を人に見せない、底抜けの明るさに繋がっているのでしょうか。

仲川遥香のおばあちゃんも元気そうですね!

こんな日が来るなんて当時は想像もつかなかったことでしょう。

壮絶な生い立ちが強い絆を作ったともいえますね。



仲川遥香が施設で育った理由


そんな仲川遥香さんですが、育ててくれるおばあちゃんの体調が悪くなって入院した時には児童養護施設に入っていたそうです。

仲川遥香さんのおばあちゃんは病弱だったのでしょうか。

父母代わりのおばあちゃんが病気で入院となるだけでも、私だったら相当不安になります。

おばあちゃんが病気で入院するし、父親も仕事で養育できないという理由で施設に入っていたのですね。

仲川遥香さんは、施設で育ったことを、優しいスタッフに恵まれ「正直楽しかったです。周りにいる子がみんな同じ気持ちでなんか本当のお姉ちゃんは妹みたい」だったと振り返っています。

おばあちゃんだけではなく、施設の優しい人たちと一緒に育ててもらったのでしょうね。



仲川遥香が育った施設の場所は?


仲川遥香さんの出身は東京都で東京都の児童養護施設は52ヶ所あることが分かりました。

仲川遥香さんの幼少期に住んでいた場所が特定できなかったため、どこの養護施設かは分かりませんでした。

6日の放送で幼少期のことに触れられると思うので、仲川遥香さんが何を語るのか注目ですね。



仲川遥香生い立ちまとめ

仲川遥香さんの壮絶な生い立ちをまとめました。

6日の放送ではるごんの口から何が語られるのか、楽しみですね。

これからも仲川遥香さんを応援しましょう!

情報追加

仲川遥香兄弟4人を引き取った父親は経済的なことを理由に家を出ていきました。

生活は困窮していて、主食はなめたけだった。

おばあちゃんと仲川遥香兄弟4人を育てるためにおばあちゃんは消費者金融に借金をしたが、持病の心臓病が悪化し、入院することになって借金の返済ができなくなった。

仲川遥香が生きていくためには施設に入るしかなかったと考えられます。

仲川遥香が施設にはいった理由は、生活の困窮だったんですね。

-芸能

Copyright© たけこの部屋 , 2020 All Rights Reserved.