芸能

ナレ死の意味とは?スカーレットの武史が白血病でナレ死だった!

NHK連続テレビ小説「スカーレット」28日、最終回で完結しました。

伊藤健太郎(22)が好演し、白血病と闘ってきた主人公・川原喜美子(戸田)の長男・武志は26歳の誕生日を前に旅立ったことを受けて、「ナレ死」がトレンド入りしています。

ここでは気になる「ナレ死」の意味や武史の病気についてまとめていきます!




ナレ死の意味とは?武史で話題に!

武史のナレ死で話題になっていますが、ナレ死とは一体どう言う意味なのでしょうか?

ドラマの登場人物の死亡が当人の演技ではなくてナレーションで語られること。<引用元:はてなキーワード>

ナレ死とはナレーション死の略です。

わろてんかの新一も「ナレ死」だったとして話題になっていましたね。

一部の方からは、死の呪文と呼ばれているほど、有名なワードのようです。

今回の「スカーレット」では最終回で武史がナレ死したことで話題になっていましたね。




スカーレットの武史が白血病でナレ死だった!

 

武史は22歳の若さで白血病と言う病気になってしまいました。

反抗期らしい反抗期もなく、素直にすくすくと育ってきた武志。

そんな武志がまだ22歳という若さで慢性骨髄性白血病と診断された悲運に、ショックを受けた方も多かったですね。第131話(3月6日)

 




スカーレットの武史がナレ死で世間の声は?

 

-芸能

Copyright© たけこの部屋 , 2020 All Rights Reserved.