政治

【画像】小池百合子の目の下テープは何?アドレノクロムを疑う声も!




【画像】小池百合子の目の下にテープ!

2020年5月29日の小池百合子さんの会見では見所がたくさんありましたね。

その一つ、小池百合子さんの右目の下に絆創膏のようなテープが貼ってありました。

会見ではマスクをしていなかった小池百合子さん。

なので右目の下のテープが目立ってしまったようです。




小池百合子の目の下テープの理由は?

アドレノクロム


小池百合子さんの目の下テープの理由はアドレノクロムのではないか?と言われています。

アドレノクロムとは普通に生活していたら聞かない言葉ですよね。

アドレノクロムとは薬物のことで、

それも一度味わったら止められない程、強力な作用があると言われています。

このアドレノクロムを摂取すると、と劇的に若返るそうですが、切れてた時に目の下に黒いシミができるそうです。

小池百合子さんは、目の下に絆創膏をしていたため、アドレノクロムなのではないかと疑う声も上がっています。

 

あのベッカムも薄毛になったと話題になっていました。

2019年まではふさふさだった髪の毛が急に減ったり、老け込んだ様子がわかりますね。

本当だったら相当やばいですよね。

シミ取りレーザー

小池百合子さんの目の下のテープの理由はシミ取りレーザーをした後の保護テープなのではないかと言われています。

自粛期間中にもかかわらず、マスクで隠れると言う理由でレーザー治療をしたのではないかと巷では噂になっています。

アザ隠し

小池百合子さんの目の下のテープの理由はあざ隠しなのではないかとも言われています。

2016年の東京都知事選の際、「大年増の厚化粧」と石原慎太郎氏に揶揄された小池百合子さん。

その時に、右目の下、頬のあたりに

「あざがある」

ことを告白しています。

年を重ね、2017年の記事内では

「昔より少し薄くなっている」

と語っていました。

あざの色は赤くて、大きさは500円玉くらいだそうです。

化粧をしていない目立つそうですが、医療用のファンデーションをつけつけると、綺麗に消えるのだとか。

少し薄くなっていると話していたあざですが、医療用ファンデーションで隠し切れないほど、濃くなってしまったのでしょうか?

そのため右目の下にテープをして隠しているのではないかと言われています。




小池百合子目の下のテープネットの声は?

-政治

Copyright© たけこの部屋 , 2020 All Rights Reserved.