芸能

竹内結子の自宅は広尾ガーデンフォレストで特定?賠償金はいくらになる?

女優の竹内結子さんが2020年9月27日自宅でなくなっているのが見つかり、日本中で衝撃が走っています。

自宅で死亡していたということで、その自宅は事故物件になるのか?

調べて見ました。



竹内結子の自宅はどこ?

2020年9月27日、竹内結子さんが自宅マンションで死亡していることがわかったとした、日本中に衝撃が走っています。

自宅マンションで死亡していた

ということで、

「自殺ではないか?」

と推測されています。

竹内結子さんの自宅はどこなのか調べて見たところ、

東京都渋谷区にある

「広尾ガーデンフォレスト」

が有力なのではないかという情報がありました。

「広尾ガーデンフォレスト」の外観はこちらです。

東京メトロ日比谷線 / 広尾駅 徒歩9分
東京メトロ銀座線 / 表参道駅 徒歩18分

売買価格はこちらです。

2020年6月〜2020年8月 1億6,980万円 108.03m² 2LDK 15階

2020年6月〜2020年7月 1億7,900万円 108.29m² 3LDK 12階

2020年4月〜2020年5月 1億7,800万円 108.03m² 2LDK 15階

2019年10月〜2019年12月 1億8,480万円 113.84m² 3LDK 6階

2019年1月〜2019年10月 1億9,600万円 108.29m² 3LDK 12階

2019年7月〜2019年8月 1億9,600万円 108.29m² 3LDK 12階

少なくとも1億6千万円以上する高級マンションのようです。




竹内結子の自宅の賠償額はいくら?

竹内結子さんが自宅で死亡しているのが見つかったことで、住んでいた自宅マンションの1室は事故物件になるようです。

事故物件になったとして、賠償額がいくらになるのか気になっている人もいるようです。

結論から言うと、

賃貸物件で自殺された場合の損害金には、これだという決まりがある訳ではなく、その状況によって全く違うそうです。

しかし、家主側が「事故物件」として説明しなければならない義務があり、その義務は8年から10年ほど続くそうです。

物件の地域

どのような亡くなり方をされたのか

自殺されてからどのくらい経過していて発見されたのか

近所の話題になっているのか

などでも違ってくるようです。

家主側からは原状回復費用と損害賠償金を求められる場合があります。

建物賃貸借において、貸主は使用収益させる義務を負います。

借主は賃料を支払う義務のほか、「善良なる管理者」の注意をもって使用する義務(善管注意義務)も負います。

この善管注意義務のなかには、建物内で自殺しない義務も含まれていると裁判所は解釈しているそうです。

さらに、借主には契約終了時に原状回復をする義務があり、与えた損害に対しては賠償する義務があります。

これは「相続人としても引き継ぐ義務」ですが、契約時に保証人になっていれば、「保証人が負う義務」でもあります。

相続人として引き継ぐ義務は、亡くなって3ヵ月以内に相続放棄することで、最初から相続人ではない扱いとなるため、最終的に義務を負担することはありません。

しかし、保証人としての義務は、相続とは無関係であり、そのまま残ることになります。




竹内結子自宅まとめ

竹内結子さんの自宅マンションはどこで賠償額はいくら?について調べて見ました。

結論は、賠償金はいくらになるのか、その状況によって異なるため、わからないということになりました。

ショックなニュースなだけに、衝撃が大きいです。

-芸能

Copyright© たけこの部屋 , 2020 All Rights Reserved.